お茶を淹れるということは、料理とおなじ。

 お米や野菜などの食材を調理して食べるように、茶葉も淹れて初めて飲むことができます。
どんなに良い素材も、料理の仕方で美味しくも不味くもなります。
つまり、お茶を淹れることは料理とおなじ!
お茶の淹れ方をマスターして、あなたにしか淹れられない究極の一杯を!
水がお茶の味を左右します。

  お茶のおいしさを最大限に引き出すことができる水を用意して、おいしいお茶を飲みましょう。
水がお茶の味を左右する決め手です。水道水であれば、一度水を沸騰させて塩素(カルキ)をとばし ましょう。
お茶と温度の関係。

  お茶の旨み・甘み成分、テアインは約20℃で溶け出し、 渋み・えぐみ成分のカフェインや、テアニンは約70〜90℃で 溶け出します。
上級なお茶ほど旨みを多く持っている分、 渋み・えぐみも多く持っています。良いお茶 ほど、湯加減に心してください。
熱湯を湯のみに注いで冷まします。 さらに湯のみのお湯を急須に移して 急須を温めます。
※一度お湯を移すごとに、10℃ほど温度が下がります。
急須のお湯を湯のみに戻し、急須に 茶葉を入れます。一人前の目安は茶葉3〜4グラム。 ティースプーンに軽く2杯分です。
●玄米茶・ほうじ茶・ハーブティーはティースプーンに 山盛り2〜3杯です。
湯のみのお湯を急須に注ぎます。 お茶の旨みを引き出す温度は70℃が目安です。
●高級煎茶・縄文のお茶・SAKURAの温度は40〜60℃です。
●玄米茶・ほうじ茶・ハーブティーの温度は70〜90℃です。
お茶のおいしさが出るまでしばらく待ちます。 抽出時間は約30〜40秒。
●高級煎茶・縄文のお茶・SAKURAは少し長い60秒ほど待ちます。
急須をゆっくり回しながら茶葉を開かせます。 そして最後の一滴までしっかり注ぎきってく ださい。その一滴にお茶のおいしさが凝縮 されています。 注ぎ終わったら、急須の注ぎ口と反対側 をぽんと軽く叩き、中のお茶の偏りを開放 します。二煎目をよりおいしく淹れることが できます。
二煎目からは、一煎目よりやや 熱いお湯を使用し、早めに注いでください。
↑ページの先頭へ                     お茶のご案内
付属のスプーン一杯分、スティックタイプは一本で、 湯のみ約1杯分(約180cc)です。 70〜80℃のお湯でよく溶かし、お好みの濃さでお飲みください。
楽々茶筅を使うと簡単に溶かすことができます。
水の入ったペットボトル の中にお好みの量の粉末を入れ、振りながら溶かせば完成です。
↑ページの先頭へ                     粉末茶のご案内
体にやさしい三年番茶。

  三年番茶の茶葉は、新芽ではなく、大きく成長した葉や茎を焙じたものです。 煎茶と比べ刺激成分のカフェイン・タンニンが少なく、赤ちゃんからお年寄りの方にも 安心してご愛飲頂けます。

有機で育てたお茶の木を枝ごと切り、葉の部分よりも体を暖めると言われている茎を 多くブレンドして乾燥させ、その後じっくり熟成させたのち、焙煎します。 そうして出来た三年番茶は、香ばしくてまろやかな風味の美味しい番茶です。

三年番茶には、血液をきれいにしたり脂肪を洗い出してくれる作用があるとされ、 食後にぴったりのお茶です。また、ウィルスの増殖を抑える働きがあるとも言われており、 外出先で手を洗えない時は三年番茶で拭くなど、幅広くご利用頂けます。

マクロビオティックにおいての三年番茶は、やや陽性に近いバランスのとれた 中庸のお茶とされ、身体を温めたり、消化吸収や新陳代謝に良いので、毎日常飲 できる理想的なお茶として勧められています。飲用の手当てとしても使われています。
やかんで煮出す場合

やかんに水1リットルを入れ、茶葉10〜15グラム、ティースプーン に山盛り4〜6杯を入れます。
水から中火にかけ、煮立ったら弱火 にして20分煮出します。煮立てないようにご注意ください。
急須で淹れる場合

急須で抽出しても美味しくお召し上がりいただけます。
急須にティースプーンに山盛り2〜3杯の三年番茶を入れて、 約90℃のお湯を注ぎ、30〜40秒ほどじっくりと蒸らします。
↑ページの先頭へ                     三年番茶のご案内
梅醤番茶

梅干を湯飲みの中でつぶして、しょうが汁 を2〜3滴と醤油小さじ1.5杯を良く混ぜ 合わせます。
そこに熱い三年番茶を注ぎ 混ぜてできあがり。
梅干番茶

梅干一個に熱い三年番茶を入れて、 種だけ残して飲みます。
疲れのある方におすすめです。
醤油番茶

自然醸造の醤油1、2滴をたらし、熱い三年番茶を一合ほど 入れて飲みます。新陳代謝のためにおすすめ。
塩番茶

のどが痛むときは、天然塩を好みの量をいれた 塩番茶でのうがいがおすすめ。
冷ました塩番茶は目の洗浄にも良いと言われます。
梅しょう番茶

梅干一個に、しょうがを少量おろしてまぜ、 熱い三年番茶を入れます。
お腹の調子を整えるのにおすすめです。
↑ページの先頭へ                     三年番茶のご案内
■知る人ぞ知る、お茶の葉の天ぷら
新茶の時期の若芽を、ちょいと摘まんで天ぷらに・・。
これがまた美味しい。
柔らかい若芽がカリッと揚がり、ほんのりとした苦味がたまりません。
天つゆで食べるよりも、シンプルにお塩をつけて食べるのがオススメです。
ご飯のおかずもいいけど、ビールのつまみに最高の一品。
機会がありましたら、是非ご賞味ください。
■お茶はミネラルの宝庫

緑茶に含まれる成分は主に『カテキン・テアニン・ビタミン各種・カフェイン』など。
みなさんご存知の通り、多くの有効成分を含んでいます。さらに『カルシウム・リン鉄・カリウム・マグネシウム・亜鉛・ビタミンA・ビタミンB1・B2』など、日常の食事ではなかなかバランスよく摂取しにくいミネラルもたくさん含んでいます。
ところが、これらの成分はお湯になかなか溶け出せません。茶葉に残ってしまうのです。
そこで、オススメなのが粉末茶。そのまま水やお湯に溶かして飲むだけで、全ての栄養分を取り入れることが出来ます。飲み方も様々。お子様には牛乳に溶かして抹茶オレ。お父さんには焼酎割で。楽しみ方たくさんの総合栄養食です。

向島園の粉末茶は、そのまま溶かしても安心な完全有機栽培。 もともと仙薬だったお茶のパワーを、ぜひお試しください!

>>>商品のご案内
住所:〒426-0131 静岡県藤枝市瀬戸ノ谷13079 TEL:054-639-0514 FAX:054-639-0574 MAIL:info@mukoujimaen.jp

Copyright (C) 2005 MUKOUJIMAEN All rights reserved